ICカード乗車券あれこれ

はろうー、まりいだったり、りーなだったり、りーんのひとです。

今日はリアルのお話。
IC乗車券って、電車・バスによく乗る人は使ってると思うんだけど、その利用範囲って、特に旅行や出張先でも使えたら便利ですよね。
で、先日の出張のときに、モバイルSuicaを作ったんですよ。
理由は、ネットから東北新幹線を予約しようとしたら、「切符の受け取りはJR東日本の緑の窓口で」と表示されていたから。
ワタクシの生活圏はJRでは西日本なのです。切符受け取れないネ。
現地までは飛行機で行くし、駅までは行くからそれでもいいんだけど、バタバタしそうだったし、ギリギリまで忘れてたらしたら大変な事になるなと思って、切符がすぐに手に入る方法を調べたら、モバイルSuicaに行き当たったという訳。
これ、要するにお財布ケータイのICを使うんだけど、使ってみてすっごい便利だと思いました。
理由は

  1. ケータイの電波さえ入れば、どこでもチャージできる。切符売場で並ばなくていい。
  2. JR東海⇒東日本範囲の特急(新幹線)も乗れる。座席指定までできる。

といったところ。

で、基本的なところでは、Suicaが使えるところはどこでも。だから、こちらのICOCAエリアでも使えました。(近畿圏では、ケータイで改札を通る姿なんてほとんど見かけない(まだ無いんじゃないかな、公式に。よく分かりませんが。)から、ちょっと先行ってる感じですw)
今、メインで使っているIC乗車券は、JR西日本のクレジットカードと連携しているSMART ICOCAなんですが、チャージするには券売機でしなければならないという事で、モバイルSuicaにアドバンテージ。
ところが、もう一つ、生活圏内で顔を効かせているIC乗車券に、Pitapa(ここらでは神戸Pitapa)というのが、地下鉄とか私鉄であるんですが、ここでICOCAは使える訳ですね。
っていうことはつまり、Suicaも行けると思ったのですが、ケータイを改札でかざしてみるとぶっぶー。ダメでした。(もしかしたら、Suicaがダメなんじゃなくて、モバイルSuicaがダメなだけかもしれませんが。)

ということで、結果的には、完全にはSuicaに移行できず、ちょっと残念な感じ。

あと、新幹線の方は、新大阪より西に行く場合、JR西日本で予約するEX予約っていうのでしている(福岡←→東京間はこれでok)んですが、なんとかこれら全部を統合できないものかしら?色々サービスに加入してしまって、すごくややこしくなってしまいます。

ついでに、飛行機もケータイで乗れます。
ケータイだけでなんでもできるって便利だけど、壊れたり無くした時のリスクもおっきいですよね。気をつけないと。

web流し読み

広告