UQWiMAXでXboxLiveは繋がる

コメント見ない方の方が多いのと、かなり検索にかかってしまうのでちゃんと書いておきます。
結論はエントリータイトルのとおり。

ワタクシの環境は10月中旬ぐらいまで、光ではなくて、無線のUQWiMAXです。引っ越しに伴い、もともとネットが何もなかったところというのがその理由。アナログなら割と早く引けるというのがNTTの話だったけど、そんな無駄は要らないので入退会も楽だというUQWiMAXに。(光が来ても非常回線として使うのにも便利。ネットで利用手続き、その時点から利用開始だという事なので。問題があるとすれば、過疎地はサービス圏外だという事くらい?)

脱線脱線。

そんなわけで、しばらくメイン回線にするので、最初から共有するためにルーター兼端末のUG01OKにしたわけです。
簡単なスペックは、USBタイプの端末が繋がるWiFi+LANポート×1のルーター。端末部分だけ外して、PCのUSBポートに挿せばモバイルでの利用もokというものです。
PCは当然ながら、PS2,3、Wiiと問題なく当たり前に繋がりましたが、Xbox360だけが、MTU値が足りない云々のエラーが出てXboxLiveへ接続ができないのです。
いろいろ試したけれど、試し不足でした。エラーの内容をそのまま受けちゃいけない…というか、こういうエラーを返す箱が悪いんだと思いますが。
ルーターとの相性も否定できないところだったりします。

繋がった例その1

  • UQWiMAX(UG01OK)(ルーター)→WiFi→ノートPC(WinXPのICU)→LANクロスケーブル→Xbox
    あっさり繋がりました。理由が分からないけど…。
    とりあえずMTU値がPC→Xbox直結の値でいいのなら、PCがごまかしてくれているということ?
    ネットワークレスポンスはPCの性能に依存しそうだし、なんといってもこれの為にPCを1台犠牲にする事が無駄なので、これはあんまりやりたくない。ので他の方法を模索。

繋がった例その2

  • UQWiMAX(UG01OK)(ルーター)→LANケーブル→HUB→LANケーブル→Xbox
    繋がるじゃないですか!…ではなくて、試行錯誤の結果です。
    まずルーターの静的フィルターからここに記載のポート全部を除外ししてみたんだけど、これもダメ。
    最終手段。DMZにしました。繋がりましたよ…。
    面倒な!。箱ゲーマーのどれだけの人が、これを意識して遊んでいるというのか…。
    ちなみに、ワタクシの旧居で使っていたNTT西のBフレッツ光プレミアムのCTU装置では、こういうトラブルは一切なかったと説明しておきましょう。
    WiiやPS2,3でできる事が箱ではなんでできないのか。ちょっと問題あり?
広告