モバイルの準備は万全なんだけど

おひさしぶりこんにちわ出張まっさいちゅう出張先は茨木市(茨城ちゃうで!)(その気になれば通える距離)なので仕事のない週末は帰らないといけないっていうか出張期間長すぎですよ凹りーなです。

UQWiMAXもあるし、モバイルの準備完全ok、PSPだけは持ち歩き、ホテルはネットができるのは当たり前だし、テレビも26インチVIERAとかだったりするわけで、PSPのゲームも遊びやすいわけだけど、誰からもお誘いもないので凹凹街道まっしぐら最中の今日この頃。
なのでさよならネトゲ。コンニチワオフゲ。

というわけで(どういうわけか)『インフラモードをWiFiのAPで遊ぶ』の勧め講座。(つまりインフラ遊べる人口よ増えてちょうだい作戦。)

PSPo2やPS0、FFCCEoTなんかのために初めてWiFiのAP(アクセスポイント)を導入したって人も少なくないと思います。が、そこが億劫で最初から遊ぼうともしない人もいるのでは?と思うわけです。

で、そこそこ見かける類似品。PCのUSB接続の無線LANアダプタ。物によっては、WiFiゲートウエイとして使えるものもあるわけですが、結局のところPCの電源が入っていないとダメ。PCのトラブルの所為、あるいはへっぽこスペックPCの所為で通信障害の原因になったりと、面倒な事この上ありません。

なので専用のWiFiのAPを置く事を強くお勧めします。
なんでPC用USBにしたのかを聞いてみると値段の所為だと言う人も身近にいるわけですが、専用APだってそんなに高くないです。ルーターの機能なんて要らないんですから有線LANのHUBにLANケーブルでつなぐだけの物で十分なんです。

例:BUFFALO WCA-G (マニュアルがスバラシイ。ふりがなバンザイ。)Amazonだと3763。
ちなみにワタクシ、ばふぁろのまわし物ではありません。あしからず。

※よく分かってない人向け無線用語?をりーな的に説明

  • インフラストラクチャーモード→子機(PCとかゲーム機とか)がアクセスポイント経由で接続するモード。子機同士の通信であっても必ずアクセスポイント経由。
  • アドホックモード→PSPのゲームでよく聞く言葉だけど、アクセスポイントを使わないで子機同士が直接通信をするモード。古い無線アダプタだとサポートしていないものもある。

らいぶするのは、オフゲなんてやってる暇人なのでいつでもお誘いおっけなのよ的意味合いが強いんだけどねっ

広告