新しい遊び場とはよく言ったもの 

あけましておめめとうございまう。ことしもよよしくー!
定型文以上!

モンハンで生殺し状態にされてもう何日が過ぎたかワカリマセン。
条件に見合う方々とプレイする機会が皆無であるため、ずーっとやりたいHR6-2緊急ができません。

そんなわけで、それを野良に求めよう、あるいは新規開拓しようというお話。

意外と身近なとこにあったんですよねー。
野良しやすい場所が。
ほとんどの人が無意味だというPlayStation HOMEがっ。
あそこは、アバターが仮想世界内で見えてわかりやすい。問題はロードが多くて重いって事だけ。
これも、ほとんどはディスクからのロードだけなので、仕方ないのかな?
そして、MHP3 on アドホックパーティ専用のロビーがありました。
以前からHOME内からゲームを動かすことができるという事は知っていたのですが、使ったのは初めてでした。

流れはこう。

  1. ロビーでプレイヤーを募集する(そういう便利なシステムがある)。もしくは、既にある募集に参加する。
  2. 募集者がゲームを開始する。
  3. 全員のクライアントで同じゲームが立ち上がり、専用のルームになる。(アドパの単機能版みたいなのが立ち上がる。)
  4. ゲームを終わる。
  5. 元のHOMEロビーへ戻る。

なんといっても、アバターがいて、噴出しチャットがあって、というのが直感的で分かり易い。
身内オンリーで遊ぶMHP tunnel、野良でも遊べるXlink KAIいずれもウチでも使えます(し、これらをアドパにつないで中継することもできます。)が、一度使って便利さが分かると、HOMEばっかりになりそうです。
ところで、HOMEからアドパを呼んだ場合って、他の人から見たフレンドリストステータスはどうなるのかなぁ。よく分かりません。HOME?それともアドパ?

というわけで、めでたくHR6-2緊急(アマツマガツチ)は・・・やっぱりまだ条件に見合う人たちと遊ばず生殺しです(´;ω;`)
これが終わったところで後3つはいろいろあるようですが。でも終わらせてるのとないのとでは違うと思う。気分的に。

1101021019