久しぶりやると起こるトラブル

その1。

最近無料化したブレイドアンドソウル。久しぶりに動かしてみたら、一定ではないタイミングで、クライアントがログオフして(ちゃんと最後のスプラッシュ表示が出て)、デスクトップに戻ったあとで、『起動中エラーが発生しましたので、ゲームクライアントを終了します。(4044)』という表示が出るという問題が発生しました。
ググってみると、どうやら解決方法が確立していないようで、ほぼお手上げという感じでしたので、自分で調べてみました。

まず、4044が何か。ググッた結果から推測するに、不正プログラムとクライアント側が判断するプロセスの起動を検出した時点で発生するようです。よって、そのプロセスは何か、ググってもわたしの環境に合致するものはない。

なので、1つ1つ調べていくことにしました。実際は関連しそうなプロセスをまとめて殺してみたので、結果は1つに絞れているわけではないのですがw
ダラダラと前置きを書いても意味が無いので結果を。

絞り込んだ結果、以下のプロセス、というよりサービスを無効にした時点で、4044が発生しなくなったので、メモとして残しておきます。

  • NVIDIA Streamer Service
  • NVIDIA Stereoscopic 3D Driver Service

ここにたどり着くまでに、ゲームクライアントのダウロード、及び再インストール2回、その他いろいろ試しました。
けっこうな無駄な努力ですねぇ。
ない時間を割いているので、なにか補償してくださいとでも言いたい。
なんてったって、原因は不正プログラムの誤検出なのですから。

愚痴は程々にして、止めた2つのサービスについて。

  • NVIDIA Streamer Service
    多分、こっちが原因ではないかと思っています。
    サービスの説明には『Service for SHIELD Streaming』とあります。NVIDIAのポータブルゲームクライアント向けのSHIELDとかSHIELD TABLET向けのサービスで、当然わたしも使っています。
    そしてたしかに、以前ブレイドアンドソウルを遊んでいた頃にはまだ持っていませんでした。
  • NVIDIA Stereoscopic 3D Driver Service
    サービスの説明は『Provides system support for NVIDIA Stereoscopic 3D driver』となっています。
    わたしの自宅環境には、まだ3Dは一切入れていないので、まだ殺したままにしてあります。

 

その2。

PS VITAのWifi設定の『お使いのルーターはIPフラグメントパケットに対応していない可能性があり、一部の通信機能が制限されます。』問題。

わたしの環境では、Windows8.1 Phone (NOKIA Lumia820) でテザリングをした時にも発生するのですが、今回は、WIMAX2+のモバイルルーター、NECプラットフォームズ(株)製のSpeed Wi-Fi NEXT WX01で発生しました。

解決方法はシンプル。DMZにしたら解決しました。

実は、同時に同じメーカーのAterm MR03LNというモバイルルーター(BIGLOBE LTE(DoCoMo LTEのMVNO)向け)も買っているのですが、こっちで発生しないというのが不思議です。

ググッてここに飛ばれた方のためのメモ

  • DMZにするためには、クライアントマシン(ここではPS VITA)のIPアドレスを自動割当ではなく、固定にしないといけません。

ということが以上でございます。
解決していく過程を楽しんでるのでそれはそれで良し!

ここでは具体的な設定を謳っていませんが、要望があれば、余裕のあるときにでも!

広告